調理技術技能評価試験

調理技術技能評価試験は、調理師のステップアップのために、昭和57年に国家試験として設けられた制度です。学科試験、実技試験の両方に合格すると、厚生労働大臣から「専門調理師」・「調理技能士」の称号が与えられます。また、調理師養成施設校の教員資格が取得できます。

平成29年度 調理技術技能評価試験 実施日程

  前期 後期
実施作業 すし料理
中国料理
給食用特殊料理
日本料理
西洋料理
麺料理
受験案内および受験申請書の配布期間 郵送 平成29年3月21日(火)~4月24日(月)
当日消印有効
平成29年8月23日(水)~9月27日(水)
当日消印有効
窓口 平成29年3月21日(火)~5月8日(月) 平成29年8月23日(水)~10月6日(金)
ホームページ 平成29年3月21日(火)~5月8日(月) 平成29年8月23日(水)~10月6日(金)
受験申請書の受付期間 平成29年4月3日(月)~5月8日(月)
当日消印有効
平成29年9月5日(火)~10月6日(金)
当日消印有効
実技試験問題公表および受験票の発送 平成29年6月30日(金) 平成29年12月1日(金)
実技試験日 平成29年7月30日(日)~8月26日(土)の間で
(公社)調理技術技能センターが別途指定する日
平成30年1月13日(土)~2月16日(金)の間で
(公社)調理技術技能センターが別途指定する日
学科試験日 平成29年8月1日(火) 平成30年1月14日(日)
合格発表 平成29年9月29日(金) 平成30年3月30日(金)

※前期、後期それぞれいずれか1料理のみ受験可能。

試験実施場所(下記より1ヶ所選択のこと)

すし料理 札幌市 仙台市 東京都 大阪市
中国料理 札幌市 東京都 名古屋市 大阪市 広島市 福岡市
給食用特殊料理 札幌市 仙台市 東京都 長岡市 名古屋市 大阪市 兵庫県上郡町 福岡市 鹿児島市
日本料理 仙台市 東京都 静岡市 名古屋市 金沢市 大阪市 西宮市 高松市 福岡市 沖縄県
西洋料理 仙台市 東京都 名古屋市 大阪市 福岡市 鹿児島市 沖縄県
麺料理 東京都 大阪市
  1. 試験実施上の都合により、試験実施場所を変更することがあります。
  2. 学科試験及び実技試験とも受験する方は、同一試験場で受験することになります。

受験資格

区分  実務経験年数(注1) 実務経験年数のうち
調理師免許を
有していた期間(注1)
実務経執による者 8年以上 3年以上
厚生労働大臣の指定する調理師養成施設において
1年以上調理に関する学科を修めた卒業者
6年以上 3年以上
職業能力開発促進法に基づき、
調理に関し専門課程の高度職業訓練又は
普通課程の普通職業訓練修了者(注2)
7年以上(注3) 3年以上
  • 注1.前期は平成29年5月8日、後期は平成29年10月6日に受験資格年数を満たしていること。
  • 注2.専門課程の高度職業訓練とは、「調理技術系調理技術科」のこと。また普通課程の普通職業訓練とは、「調理系日本料理科」、「調理系中国料理科」または「調理系西洋料理科」のこと。
  • 注3.普通職業訓練または高度職業訓練を受けた期間を含む。

受験案内および受験申請書の請求方法

1.郵送の場合

郵送配布期間に、下記の方法で請求してください。

  1. ご自分の住所、氏名、郵便番号を記した返信用封筒(サイズ:角形2号/240mmX332mm ※A4版の用紙が入る大きさ)を用意し、140円分(受験申請書1部の場合)の郵便切手を貼ってください。
  2. (1)の返信用封筒を折りたたんで、別の封筒(どのようなサイズでも可)に入れ、(公社)調理技術技能センター調理技術技能評価試験担当宛に郵送してください。

※なお、複数の申辞書を請求する場合は、希望部数を明配の上、返信用封筒(角形2号)に送料表の指定金額の切手を貼ってください。4部以上希望の方は、郵便局のレターパックをご利用ください。

受験申請書 送料表
部数 送料
1部 140円
2部 205円
3部 250円
4部~10部 レターパックライト360円
11部~25部 レターパックプラス510円

2.窓口の場合

窓口配布期間の平日、午前10時~午後5時(最終日は午後3時)までに(公社)調理技術技能センターへお越しください。

3.ホームページの場合

ホームページの配布期間(最終日は午後3時まで)に(公社)調理技術技能センターのホームページより印刷してください。

受験申請書の受付について

受験する料理の受付期間に、受験申請書及び必要書類を提出してください。

受験申請の際には「調理師免許証」及び「免除資格(下記免除対象者)の証明書類」が必要となりますので、期間内に提出できるようあらかじめご用意ください。

※調理師免許証に記載されている氏名、本籍地等が現況と異なる場合は、至急、免許証の交付を受けた都道府県にて「調理師名簿訂正及び免許書換交付申請」を行ってください。

受験手数料

実技試験のみ受験 学科試験のみ受験 実技と学科試験を受験
18,800円 3,700円 22,500円

試験の免除対象者

  1. 実技試演の免除
    今までの調理試験(技術審査・技能検定)の実技試験合格者は、合格した料理区分の実技試験が免除されます。
  2. 学科試験の免除(次のいずれかの該当者に限る)
    • 過去の調理試験(技術審査・技能検定)の学科試験合格者
    • 厚生労働大臣の指定する調理師養成施設を卒業した者で、技術考査の合格者
    • 30歳以上の調理師で、調理に関する実務経験年数が10年以上の者のうち、厚生労働省健康局長乃び職業能力開発局長が定めた講習(調理師熟練者講習)の修了者
    • 長期熟練調理師講習を、昭和63年3月までに修了した者
    • 厚生労働省健康局長の定めた調理師指導者研修会、又は調理技術指導員講習の修了者
    • 公益社団法人日本調理師会が実施した調理技術検定の1級もしくは2級の合格者又は公益社団法人全日本司厨士協会が実施した技能検定の1級合格者で、平成5年3月31日までの間に厚生労働省健康局長及び職業能力開発局長が定めた講習の修了者
    • 職業能力開発促進法に基づく、調理に相当する免許職種(注)に閲し、職業訓練指導員試験の合格者、又は職業訓練指導員免許の保持者
    • 調理に相当する専門課程の高度職業訓練又は普通課程の普通職業訓練に係る訓練科に関し、的確に行われたと認められる技能照査の合格者

(注)調理に相当する免許職種とは「日本料理科」、「中国料理科」又は「西洋料理科」のことです。

試験の概要

実技試験(平成25年度出題例)

すし料理
  • アジ、アナゴなどのすし種の仕込みと笹切り並びに盛り付け作業
  • 中巻作り及びにぎりすし作りの盛り付け作業
中国料理
  • 姜葱墨魚花(イカの花切りショウガ風味)作業
  • 青椒牛肉絲(牛肉とピーマンの細切り炒め)と去骨炸鶏(骨抜きひな鶏のぶつ切り空揚げ)作業
給食用特殊料理
  • 小海老のオレンジ酢と盛り付け作業
  • 白身魚のフリッターと盛り付け作業
  • 肉団子と野菜の甘酢あんかけと盛り付け作業
日本料理
  • 小鯛の姿造り及び網大根を掛ける作業
  • 蟹砧巻き及び黄身酢を作る作業
  • あなごの八幡巻き及び平打ち作業
西洋料理
  • 帆立貝と小海老の殻詰めグラタン作業
  • 鶏胸肉のソテー薄切り、オレンジソース及び付け合わせ野菜作り並びに盛り付け作業
麺料理
  • こね鉢によるそば又はうどんの手もみ作業
  • 天ぷらそば及び玉子とじうどん作り作業

学科試験

①調理一般、②調理法、③材料、④食品衛生及び公衆衛生、⑤食品及び栄養、⑥関係法規、⑦安全衛生

お問い合わせ先

公益社団法人 調理技術技能センター
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町2-8-5 JACCビル5F
(交通:東京メトロ日比谷線または都営地下鉄浅草線人形町駅下車徒歩約5分)
TEL/FAX:03-3667-1867 / 03-3667-1868
URL:http://www.chouri-ggc.or.jp
調理技術審査:技能検定試験担当
※電話の受付時間は、平日の午前9時から午後5時までです。